メインイメージ画像

生命保険は相互補助制度

限定しないで、生命保険は入る人が保険料を出し合って人々を助けていくという相互扶助制度です。病気になった人と、健康な人が同じ金額で加入するという不公正はいけません。保険会社では審査や告知の段階で入る条件をクリアしているかを決定します。一般には過去5年のうちに入院または手術をした人や、通院または投薬治療を続けている人、うつ病とかの精神疾患を持っている人は入ることが出来ないことがあります。また、レーサーやプロスポーツ等危うい仕事を就いている人も、加入条件に制約が定められる時もあります。

イメージ画像

加入出来ないのではなく、勤務中に起こった事故または死亡時には保険金が支払いがされないあったり、保険料が加算される事例もあります。

積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険という保険があります。名前が似ていて間違われるので利率変動型終身保険はアカウント型保険や自由設計型保険とも呼ばれています。積立利率変動型終身保険とは、積立金の利率が市場金利によって変ってくるので、結果受け取る保険金額は契約するときには明確には分かりません。終身保険と比べると払う額も低くなります。

一方で、利率変動型終身保険は終身保険として積立の部分の利率が動くもので、積立金の利率は一定期間ごとに見直され変化します。最低保証利率が設定されているのでそれよりも下降することはないでしょう。さらに、保険料払込期間中の死亡保障がないので、定期保険などを特約として付随することあります。

医療保険やや手術の給付金には税金はかかりません。これは「不測の事故や疾病で受領する保障金は非課税」と法律で定められています。

だが、死亡保険金税金がかかるので確認が必要です。契約者、被保険者本人が死んで妻や、子供が受取人の際は相続税が適用されますが、相当な額の相続財産がない限り各種控除が適用になるので、現実に納入する必要はないでしょう。そして、契約者が夫で、被保険者の妻が死亡した場合は、受取人が夫の際は所得税が課せられ、子供が受取人の時は贈与税が課税されます。死亡保険は受け取る時には税金が相続税になるように、契約者が被保険者に受取人は配偶者か子供にして、損しないようにしておきましょう。

更新情報